膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 9.急性・外傷性の病気
半月板損傷

スポーツをする人に多い膝関節内のクッションである半月板の損傷。

半月板は膝関節内にある組織で、大腿骨と脛骨(けいこつ:すねの骨)の安定性を与え、膝関節にかかる体重負荷を吸収分散するクッションの働きをします。膝の半月板を損傷したままほうっておいたためにでてくる症状です。

半月板損傷は、膝のロッキング(引っかかり現象)があらわれます。膝の曲げ伸ばしができず、激しい痛みが伴います。
傷んだ部分を切除したり縫合したりしますが、半月板は完全に回復することはありませんので、関節軟骨に負担がかかりやすくなります。

ギプスや縫合手術で治ることもありますが、それ以外では半月板の切除手術が必要となります。

« スポーツによる障害は膝がもっとも多いトップページ前十字靭帯損傷 »

肢蚊 c帥ゃ