膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

11.運動療法
入浴時のストレッチの方法

毎日の入浴時に、リラックスしてゆっくりと時間をかけて伸ばしていくと、徐々に柔軟性が戻ってきます。
気をつけなければいけないのは、あくまでも痛みの出ない範囲で行うことが重要です。

痛みのあるうちはストレッチングはやってはいけません。

,湯につかり、十分温まってリラックスする。

⇒畫紊里佞舛鬚弔み、ゆっくり立ち上がる。

M畫紊涼罎芭ち上がったら、今度はゆっくりしゃがんでいく。

い劼兇曲げられるところまでしゃがんだら、10〜20秒数える。

ズ討咾佞舛鬚弔みゆっくり立ち上がる。

Δ劼兇鬘隠亜腺横芦鷏擇押して、関節を伸ばす。

◆銑イ鬚りかえす。


無理をしないでゆっくりとおこなってください。
そう、「もちを伸ばすように」ゆっくりと・・。

「ストレッチング」とは膝をやわらかくして曲げ伸ばしができるようにする柔軟体操のことです。

膝が硬くなってまっすぐに伸ばせられなくなったり、深く曲げられなくなるのは、関節包や靭帯、筋肉などが短縮するからです。


« 入浴で全身を活性化させるトップページ冷却療法(アイシング) »

肢蚊 c帥ゃ