膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

11.運動療法
冷却療法(アイシング)

膝に腫れがあったり、熱をもっていたら冷やします。

家庭でも氷のうやアイスパックを使って簡単にできる手当てですが、効果は大きく、症状は徐々に消えていきます。熱がなく腫れているときだけのときや水がたまっているときにも、冷やすのが先決です。

腫れや熱があって痛みもひどいときは、アイシングをするとともに痛み止めの薬を併用します。

必ず医師の診断を受け、処方してもらうのが安心です。


冷やすアイシングのやり方

氷だけではひざに当たって痛いので、水を少量入れるとよい。

○薄いタオルを1枚しいて冷たさを和らげる。

○冷やすのは1回20〜30分を目安に、時々ずらしながら長くても合計一時間程度までにしておきます。

« 入浴時のストレッチの方法トップページ冷やす?温める? »

肢蚊 c帥ゃ