膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

13.手術療法
脛骨を切って矯正する手術

脛骨を切って金属などでX脚気味に固定する方法です。

O脚変形が進んでいる場合に、変形した脚の脛骨を切ってまっすぐにつなぎ直し、
正常な膝や脚の形に近づける手術です。

手術によってX脚気味に矯正し関節内側の負荷をへらして痛みをと ります。


進行した「変形性膝関節症」ではよく行われる手術です。

「高位」とは脛骨の関節面から2〜2.5cmの部分で血管が豊富で骨のつきがよいとされています。

骨がくっつくまで固定が必要なので、長期の入院と療養が必要 となります。

骨がついた後もしばらくは松葉杖などが必要です。

« 間接鏡で内部を診察治療する手術トップページ人工関置換術 »

肢蚊 c帥ゃ