膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

14.装身具療法
サポーター

膝サポーターで重要なポイントは、上の骨と下の骨の境である関節面部を固定することです。

じん帯にそった力の方向をクロスベルトでとらえ、外側から左右前後のブレを防いで、それらの動きをサポートする専用膝サポーターや膝ベルトをおすすめします。

固定性・支持性に優れて横じん帯・後半月大腿じん帯を、本体と特製パットでしっかりと包み込み、膝痛の原因になり得るズレやブレを防いでくれます。

装着したまま屈伸や正座ができることも大切です。

保温が目的の場合は、比較的ゆったりしたやわらかいサポーターがよいでしょう。

« 人工関置換術トップページ足底板(そくていばん)・インソール »

肢蚊 c帥ゃ