膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

14.装身具療法
足底板(そくていばん)・インソール

足裏の不安定からクッション作用が低下しているのを補うためのやわらかい素材の専用インソールです。

O脚やX脚の「変形性膝関節症」がある人が使うとよいものです。

O脚の人は外側が厚めの足底板(インソール)を使用します。

膝への体重のかかり方が変わるので、痛みが楽になって歩くのも容易になります。

足裏からの過剰な衝撃と必要以上のねじれを膝に伝えることを防ぎます。専用インソールがない場合は、市販のクッション製の高いインソールとかかとだけのものを重ねて使用します。

これによって変形性膝関節症の初期から中期で変形がそれほど強くない時期に有効です。

« サポータートップページ杖は転倒防止と体重の分散のため »

肢蚊 c帥ゃ