膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 5.慢性の病気と症状
棚障害(滑膜ヒダ)

滑膜がヒダ状に厚くなって、関節にはさまった症状のことです。
膝の屈伸と打撲を伴うスポーツ種目によく見られます。

医学的には、関節を包む膜の一部である棚状の滑膜ヒダ(いわゆる棚と呼ばれる)が厚くなったり裂けたりして、曲げ伸ばしの際にお皿の下に挟まれ、炎症と痛みをきたす病気でです。

激しい運動を避けることで、約2ヶ月後、8割の人は自然に痛みが消失します。

« 漆蓋骨軟化症トップページシャルコー関節(神経障害性関節症) »

肢蚊 c帥ゃ