膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

10.骨折
前十字靭帯損傷

膝関節は前後のぐらつきを防ぐために、十字の形をした、前十字靭帯と後十字靭帯があります。

大腿に対して下腿が前方へ移動する動きを制御する役割をしているのです。

前十字靭帯損傷とはスポーツ傷害や事故などで、大腿骨と脛骨をつなぐ靱帯に損傷を受けた症状です。

前十字靱帯損傷はしっかり治療しないと、ひざくずれを起しやすく関節に負担がかかることになります。

« スポーツ種目と発症しやすい膝の障害トップページ半月板損傷  »

肢蚊 c帥ゃ