膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

10.骨折
関節軟骨損傷(関節ねずみ)

ひざの中で直接大部分の体重をうける働きをするする「関節軟骨」。

繰り返し外力がかかると、関節軟骨や骨の一部がはがれることがあり、関節軟骨損傷(または軟骨骨折)といいます。

はがれたかけらが関節内を動きまわることを関節ねずみといい、ひざの腫れや激痛を伴う。

取り出す手術などを行うが、のちに関節軟骨がはがれた部分から傷が広がり、変形性膝関節症となることもあります。

« 半月板損傷 トップページ骨折 »

肢蚊 c帥ゃ