膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

13.手術療法
積極的に治療に参加

手術をするかどうかも、医師と相談のうえで、自身で決定します。

医師まかせにせず、積極的に治療に参加することが大事です。

手術をした後は何もしなくてもよいと言うわけではありません。

脚の筋力は確実に落ちていますので、太ももの筋力トレーニングは欠かせません。

また、関節の可動域(膝を曲げ伸ばしできる範囲)を回復させるためのストレッチングが必要です。

« 注射薬トップページ間接鏡で内部を診察治療する手術 »

肢蚊 c帥ゃ