膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 1.高齢化社会と膝の病気
腰痛の次に多い膝痛

病院の「整形外科」を訪れる人は、腰痛と膝痛の患者がもっとも多いといわれています。

ある病院のデータによると、「腰痛」など腰の病気がもっとも多く約4分の1を占めました。
二番目に「膝痛・膝の関節が悪い」が多かったのです。

中には膝痛が原因で、腰にストレスがかかり、腰痛になるケースや、また逆に腰の病気が原因で姿勢が悪くなり、その結果膝痛を訴える人もあり、膝痛と腰が密接に関係していることを示しています。

また、外反母趾など足の病気は膝と腰に大きな影響を与えます。腰痛や膝痛の原因の多くは、足の病気と関係していることもあるのです。

<カテゴリー>1.高齢化社会と膝の病気に戻る

« 高齢化と膝痛の患者数トップページ膝痛の診断名 »

肢蚊 c帥ゃ