膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 3.専門医の診察内容
問診

専門医は膝痛で来院した患者に、まず最初にさまざまな質問をします。
質問の答えの中から、どんな病気なのか、膝の痛み原因は何かなどの見当をつけるためです。

_搬温柔

過去から現在の仕事の内容

Nち仕事かどうかといった職歴

ぜ磴い海蹐らのスポーツ歴

ジ什澆泙任砲劼兇亮N鼎鮗けたかどうか

ι┐亮蟒僂鮓什澆泙任房けたかどうか

膝の注射やハリ治療を受けたことがあるかどうか

などを質問します。

膝の痛みの症状や患者の話から、病名の見当をつけてからつぎの段階の検査に移っていくのです。

自分の膝の痛みの症状を医師によく理解してもらうためには、膝の痛みについて「どの部分」が「いつから」「どのように痛むのか」をはっきりと伝えることがポイントです。

<カテゴリー>3.膝の専門医の診察内容に戻る

« 関節鏡検査トップページ視診 »

肢蚊 c帥ゃ