膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 3.専門医の診察内容
視診

歩き方やズボンを脱ぐときの動作、左右の脚の色、膝小僧(膝骸骨)の向き、立ったときの足の長さの違い、O脚やX脚科などの観察をします。

専門医の診察では、両方の膝をみくらべて膝の状態を確認することがきわめて重要なのです。

片方の膝だけを見てかんたんにくすりをだすことはまずありません。

専門医の診察を受けに行くときは、両方の膝をだしやすい服装でいくことをおすすめします。

<カテゴリー>3.膝の専門医の診察内容に戻る

« 問診トップページ触診 »

肢蚊 c帥ゃ