膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 5.慢性の病気と症状
はれ

棚障害、O脚、X脚をのぞいては、ほとんどのケースで膝関節がはれてきます。

はれの原因は、

1.関節液や血液が関節内にたまる
2.関節液をだしている滑膜がはれる

のいずれかが考えられます。

膝関節がはれると膝のうごきが思うようにできなくなり、膝の痛みを訴えるようになります。

前膝蓋粘液包炎(メイド膝)はふだん、ひざまずいた仕事(拭き仕事)のやりすぎによって、膝骸骨(おさら)への軽い打撃が続くことからおきます。おさらの前面に水がたまったり、圧痛もあります。

ベーカー嚢腫は膝の裏がはれる病気で、膝の後ろ側にある関節包に穴があいて袋ができることや、腱からのガングリオン(粘膜腫)が原因です。

関節液が下もも内部にもれて、ふくらはぎや足首まではれることがあります。

安静にして専門医にみてもらう必要があります。手術になることはほとんどありません。

« 慢性の病気トップページ水がたまる »

肢蚊 c帥ゃ