膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 5.慢性の病気と症状
水ぬき

膝の水をぬくことは、関節液をくわしく調べることは膝痛の診断をする上で重要です。

しかし膝の水をぬくのは、多くても一ヶ月に1〜2回を目安です。

正しい診断、治療をおこなわなければ、しょっちゅう水をぬいても、また膝の水はたまってきます。

一時的に症状を和らげるための処置を「対症療法」といいますが、大切なのは、膝の病気の原因を考えて、根本的に膝に水がたまらないように治療を進めることです。

その治療効果の出るまでは、対症療法として膝の水を一ヶ月に1〜2回程度は水をぬくこともやむをえないこともあります。

大腿四頭筋を鍛え、強化しても水が減少しなければ水をぬくことになります。

« 水がたまるトップページ変形性膝関節症 »

肢蚊 c帥ゃ