膝痛・変形性膝関節症・膝サポーター情報サイト

 6.変形性膝関節症
変形性膝関節症がもっとも多い

中高年になって膝が痛むのは、多くが変形性膝関節症という慢性の病気で、膝痛の人の半分以上を占めます。

膝には骨と骨とを動きやすくするために、軟骨が骨の表面をおおっています。その軟骨が磨り減って骨と骨が直接あたって痛みが出てくるのが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は年をとれば、誰にでもある程度はおこるものですが、軟骨の水分の量が減ってきて、関節の動きも表面がざらざらして円滑さがなくなってくるのです。

変形性膝関節症は急性の病気ではありませんので、急にひどくなるわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。

高齢化社会になって大変ふえているのもこの変形性膝関節症です。

« X脚トップページ特徴 »

肢蚊 c帥ゃ